発達障害児の育児

発達障害児のトイレトレーニング!1年続けた結果を大公開!

2020年9月14日

スポンサーリンク

発達障害の子のトイレトレーニング

 

悩むくま
発達障害がある子のトイレトレーニングって、どんな風に進めていけばいいのかな?うちの子もそろそろオムツを外したいけど…先輩ママの話を聞きたい!

 

そんな疑問に答えます。

 

\この記事でわかること/

  • 発達障害(自閉症)と知的障害の疑いがある息子のトイトレについて
  • 3歳の誕生日から4歳までの1年間トイトレをした結果
  • 実践したトイトレ方法・トイトレグッズの紹介

 

この記事を読めば、「言葉が出ていない・指示が通らない」子がどのようにトイトレを進めていったかがわかります。

 

是非トイトレの参考にしてくださいね!

 

発達障害の子のトイレトレーニングは時間がかかった!うちの子の場合は?

オムツ

 

くま
発達障害の子のトイレトレーニング!さっそく、我が家のトイトレについて紹介していくね!

 

息子は2歳の頃から療育に通っていて、現在は「精神運動発達遅滞」という診断名がでています。

 

発達障害の診断はまだ出ていませんが、「自閉症スペクトラム」の特性があると医師に言われています。

 

3歳の誕生日を迎えたときに「この子のトイトレは絶対に時間がかかるから今からやるしかない!!」と重い腰をあげました。

 

\3歳トイトレ開始時の息子の様子/

  • おしっこの感覚は2時間くらい
  • 言葉があまり出ておらず「おしっこ」や「トイレ」とは言えない
  • 指示があまり通らず、こちらの言っていることが伝わらない
  • 感覚鈍麻ぎみで、濡れた!という感覚もあまりわからない

 

こんな様子のスタートでしたが、現在4歳になった息子の様子はこちら!

 

\4歳現在の息子の様子/

  • 3歳半頃から日中はパンツで過ごせる
  • お昼寝もパンツでOK
  • 4~5時間の感覚
  • 夜と外出時はオムツ使用(外出先のトイレに座れない)
  • トイレでのうんちはまだ出来ない

1年かけてここまで来られるようになりました…!

 

次はどのようトイトレをしていったのか、実践編です。

 

発達障害の子のトイレトレーニング!実践した方法を公開!

おまるに座る赤ちゃん

言葉も話せず、意思の疎通も取れない子のトイトレは本当に大変です。

 

  • 「3歳になったから、お兄ちゃんパンツだよ!」
  • 「トイレでおしっこ出来たらかっこいい!トイレに行こう~!!」

 

当初、このような持ち上げ方は一切通用せず。笑

 

まず、段階を踏んで、少しずつ進めていきました。

 

トイトレは「叱らない」「時間がかかると割り切る」「子供も自分もたまには休む」この3つを常に意識してやっています!

 

\我が家のトイトレの流れ/

  1. ズボンのままおまるに座る
  2. ズボンを抜いでおまるに座る
  3. パンツで過ごしてみる
  4. タイミングを見ておまるに座らせる
  5. タイミングを見てトイレに座る

流れとしてはこんな感じ!

 

ひとつずつポイントを解説していきますね!

 

①ズボンのままおまるに座ってみる

第一段階は「おまる」でした!

 

トイレに連れていくと嫌がってしまうので、機嫌がいいときに遊びの延長でおまるに座らせます。

 

ズボンも脱がなくてもOK!

 

とにかく「座る」ことだけを目標にします。

 

上の子が座ったり、私も一緒に座ってみたりと、「遊び」を意識しました。

 

②ズボンを脱いでおまるに座る

おまるに座ることが出来たら、次はズボンとオムツを脱いで挑戦です!

 

息子はズボンを脱ぐことを嫌がるので、お風呂の前後、オムツ交換の際などにおまるに座るように促しました。

 

ここがなかなか大変で、機嫌がいいときに遊びながら、おもちゃや好きなキャラクターを使いながら少しずつ少しずつの挑戦。

 

思い通りにいかないとつい叱ってしまいそうになりますが、ぐっと我慢です!笑

 

③パンツで過ごしてみる

息子の好きなキャラクターのトレーニングパンツを購入し、本人の気分をあげる作戦です。

 

パンツで過ごすとおもらしをしてしまい、なおかつ感覚鈍麻気味の息子はパンツが濡れていても教えてくれないし、気にならない様子でした

 

それなら!と「濡れているのは気持ち悪い」と分かってもらおう!とひたすらパンツで過ごしていました。

 

一日に何枚もパンツを洗っていたあの頃…

 

おもらしをする度に「着替えるよ~」「おしっこ気持ち悪いね~」「おまるでしようね~」と声をかけながら気持ちを高めていきました。(本人の気持ちが高まっていかたは謎ですが…)

 

ここで気を付けたいのは「絶対に叱らないこと!」

 

本人にとっては、ただおしっこをしているだけなので叱られてもなぜかわかりませんし、「おもらし」で叱るのは後処理が大変な大人の都合です。

 

失敗が続いていくと本人も気になってくるようで、おもらしをした際に教えてくれるようになりました!

 

こうなったらラッキー!あとは、おまるにすることを教えていきます。

 

④タイミングを見ておまるに座らせる

当時息子のおしっこの感覚は2時間程でした。

 

その時間に合わせておまるに座らせます!

 

この時、息子の気持ちが高まるように、息子の好きなキャラクターのトイレットペーパーや、水に流せるティッシュをおまるの中に入れて、「ここにおしっこだよ~!」と促していきました。

 

おしっこが出来なくても座ることが出来たら「すごいね~!座れたね~!」と褒めてあげる!何度も何度も繰り返していくうちに、突然出来る時がやってきます。

 

息子の場合はここまで2~3ヶ月かかりました。

 

⑤タイミングを見てトイレに座る

次はいよいよトイレに座ります。

 

ここもかなり時間がかかりました…

 

自分や上の子がトイレに座って見せたり、アンパンマンの音が鳴る補助便座で誘導したり、時には手洗いの水で遊ばせてみたり、スマホを持ち込んで動画を見せたりとありとあらゆる手でトイレに誘いました。

 

座るまでも2~3ヶ月かかりましたが、スモールステップで褒めながら…!

 

機嫌が悪かったり、「いや!」と行きたがらないこともたくさんありましたが(今でもあります)無理強いせず、本人のペースでトイレに座るようにしていました。

 

座れるようになってきて、おしっこのタイミングがあってくると突然おしっこが出るときがやってくるので、その時はめちゃくちゃに褒めます!

 

今の息子のトイトレは、この「タイミングを見てトイレに座る」ところまで進んでいますよ。

 

かかった期間は丸1年!

 

トイレに座るとほぼ100%おしっこが出ますが、たまにおもらしもしますし、出る前の自己申告はありません…

 

おもらしをしてしまった時に「おしっこ」と事後報告が出来るようになったので、今は教えてくれたことを褒めるようにしていますよ!

 

ちなみに、うんちはまだトイレで出来たことはなく、パンツにしてしまうパターンばかりです…次のステップはうんちをトイレで出来るよう、作戦を練っていることろです。

追記→4歳5ヵ月の時に、トイレでのうんちに成功しました!

 

発達障害の子のトイレトレーニング!どうしても進まない時のポイント!

寝ている子

 

悩むくま
発達障害の子のトイレトレーニング!どうしても進まない時はどうしたらいい?

 

トイトレの進みぐあいって個人差がとても大きいです。

 

「周りの子が出来ているのに…」と思ったり、「祖父母世代に言われて…」など、すごく焦りますよね。

 

子供は思い通りに動いてくれないし、どうしても出来ない時期って絶対にあります。

 

そんな時は、思い切ってトイトレはお休みしましょう!

 

私の息子もですが、無理にパンツにしたり、トイレに座らせたり、今でも気分が乗らないときはものすごく嫌がります。

 

親は焦ってしまいますが、トイレのタイミングは親ではなく子供本人のタイミングの問題です。

 

うちも1年かけてやっと日中トイレに行ける様になったので、ママがつらいときは無理せず休みましょう!

 

発達障害の子のトイレトレーニング!おすすめトイトレグッズ!

お母さんに抱っこされる赤ちゃん

 

くま
発達障害の子のトイレトレーニング!我が家で使ったおすすめのトイトレグッズを紹介するよ!

 

我が家で使って効果があったものばかりです。

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

おまる&補助便座

おまるは、実はおさがりでいただいた物を使っていた我が家。

補助便座はこちらのアンパンマンの物を使用していました!

アンパンマン補助便座

 

アンパンマン補助便座のボタン

 

アンパンマン補助便座部品

 

持ち手の近くにボタンが3つ付いていて、

 

1つのボタン

「おしっこ、うんち、じょうずにできるかな?」「えらいえらい!」などどアンパンマンの声が出ます。

 

2つ目のボタン

「アンパンマンのテーマ」「ちょうちょ」「どんぐりころころ」の音楽が流れます。

 

3つ目のボタン

「ジャー」という水の流れる音がします。

 

この水の音はなんの意味があるのか?不思議だったのですが、療育の作業療法士の先生に聞いてみたところ…

 

「人間は水の音がするとおしっこしたくなるんだよ~!お風呂でもトイレ行きたくなるでしょ?」と言われ妙に納得でした!

 

我が家はこのアンパンマンの補助便座のみを使っていましたが、調べてみるとおまる付の商品もありました。

 


 


アンパンマンのシート

おまる

こちらは、アンパンマンの便座シートです。

 

おさがりのおまるで、キャラクター等が一切なかったので、シートだけでも…とアンパンマンの物を貼って使っていました。

 

おしっこのトイトレ自体が1年間と長い期間になったので、冬の間など、おまるが冷たくなくてよかったです。

 

おまるの形に合わせてカットできますし、何度も貼ったり剥がしたりできるので、汚れたら洗うこともできました!

 


おまるシート

こちらはおまるの中に敷くシートです。

 

ビニールの中におしっこを吸収してくれる紙が入っていて、おまるの中にセットするだけで、おまる掃除がとても簡単でした!

 

おしっこをしたあと、すぐに吸収されるので、ビニールの口をしばってそのままポイ!ずごく重宝しましたよ。

 

この商品はママ友に教えてもらったのですが、初めて知ったときはすごく感動しました!

 

ポケモンティッシュ

こちらのポケモンティッシュは、息子が好きなピカチュウの絵が描いてあるので、おまるシートがないときの代用として使っていました!

 

私が購入したティッシュは水に流せるものだったので、そのままトイレに流せるのがよかったです。

 

その後の掃除はおまるシートに比べたら面倒でしたが…

 

息子の中で、おまるシートをおまるに設置するのが当たり前!と、こだわりになっていたことから、シートがないときのピンチヒッターでした!

 

使用の際は、水に流せるものか、良く確認してから使ってくださいね。

 

キャラクタートイレットペーパー

ミッフィーちゃんのトイレットペーパー

キャラクタートイレットペーパーも色々試してみました!

 

近くのドラックストアでは、息子の好きなキャラクターの取り扱いがなかったので、ネットで購入。

 

息子のお気に入りのミッフィーちゃんを使っています!

 

ちなみに、「りんご」の香りのようですが、甘い香りで、りんごかどうかは良くわかりません!笑


キャラクターのパンツ

キャラクターのパンツを駆使してパンツに移行するきっかけにしていました。

 

トイトレを始める前までは、あまり洋服にこだわりがなったのですが、トーマスやプラレールのパンツを履かせてみたところ、とても喜んで履いてくれています!

 

今はなぜか、履くパンツのチョイスは息子の役目になっていて、今日はこれ!と指差して教えてくれています。

 

トレーニングパンツは濡れた感覚がわかりにくいそうなので、当初のみ3層タイプを使っていて、今は普通のパンツを履かせています。

 

おもらしをしても、乾きやすくて助かる!


 

 

トイレの台

トイレ台は是非購入してほしいグッズです!

 

大人のトイレは高さが合って、上り下りができませんし、座っている時に足が不安定だと、ゆくゆくうんちをトイレでする際にふんばることが出来ません。

 

ちなみに我が家は100円ショップの発泡スチロールのブロックを何個か買ってきて重ねて台代わりに使っていましたが、軽すぎて蹴飛ばしてしまうし、力を入れる割れてしまうしで全く使えませんでした…

 

ダンボールも固いものでないとすぐに潰れてしまいます。

 

4歳5ヵ月で、木製のしっかりした台を購入したことで、トイレでのうんちにも成功しています!

 

今では、ケチらずに初めから台を買えばよかった~と後悔しています…

 


 

発達障害の子のトイレトレーニング!1年続けた結果!まとめ

たかいたかいをする親子

 

くま
発達障害の子のトイレトレーニング!1年続けた結果、トイレでおしっこが出来るようになったよ!

 

\1年間のトイトレの流れ/

  • ズボンのままおまるに座る
  • ズボンを抜いでおまるに座る
  • パンツで過ごしてみる
  • タイミングを見ておまるに座らせる
  • タイミングを見てトイレに座る

 

\1年間で出来るようになったこと/

  • 日中はパンツで過ごせるようになった
  • タイミングを見てトイレにいけば100%おしっこは出来るようになった
  • おもらしした時に、自己申告してくれるようになった

 

後の課題は、出る前の自己申告、そして夜のオムツ外しです。

 

周りではオムツが終わっている子もいますが、うちの子はうちの子!無理せず、これからもスモールステップで進めていきますよ。

 

一緒にトイトレがんばっていきましょうね!

 

 

人気評判どおり?発達障害の子が天神幼児版タブレットを無料体験!私の口コミを徹底解説!

 

スポンサーリンク

-発達障害児の育児
-